Kent Business School

  1. トップ
  2. ヨーロピアンビジネススクール紹介
  3. Kent Business School

歴史ある街カンタベリーに建つ“ヨーロッパ全土”を視野に入れたスクール

国際的な雰囲気に満ちたトップクラスのビジネススクール

ケント大学は、1965年にイギリスのケント州カンタベリーで創設。159の国から学生が集まり、教師・研究者の40%はイギリス国外の出身者であるという、その国際性を大きな特色とする大学である。ヨーロッパの各地からやってきた教職員・学生が多く、ブリュッセル、パリ、アテネ、ローマなどに大学院センターを持ち、イギリスにあるEuropean University(ヨーロッパの大学)としての性格を打ち出している。

そのケント大学のビジネススクールであるKent Business School(KBS)は1989年開設。学士・修士・博士のコースを有し、イギリスのトップ20のビジネススクールの一つに数えられている。MBAのコースは国際的な認証機関AACSB(Association to Advance Collegiate Schools of Business)およびAMBA(The Association of MBSs)の認証を受けており、国内外の学生に人気が高い。

アカデミックな理論と、実践的なビジネス演習をバランスよく学ぶことを特徴とし、実践的で応用のきく知識を身につけた、責任感のある革新的なビジネスリーダーを育てることを理念としている。「本校のMBAコースは、ビジネスの世界に限らず、あらゆる分野においてリーダーシップを執る人材に役立つ内容となっています」と、学校担当者は語る。

ビジネス界との連携により、さまざまなイベントを開催

MBAは1年で修了するフルタイムのコースと2,3年で修了するパートタイムのコースがあり、留学生が履修できるのはフルタイムのコース。いずれのコースの学生も、カンタベリーのメインキャンパスで学ぶ。入学には3年以上の就業経験が必要とされ、選考に当たっては同校のプログラムディレクターがインタビューを行う。

少人数制による密度の濃い授業が行われており、2017~2018年は、9カ国から来た23人の学生が参加している。年齢層は23~55歳と幅広く、平均就業年数は12年。これからキャリアを積みたい人、一定の経験を持ちつつさらなるキャリアアップを目指す人と、さまざまなニーズに対応している。学生の4割は女性と、女性の管理職志望者の割合も多いと言える。

授業はケーススタディに基づくプロジェクトベースのものである。現在のプログラムでは、一例として以下のような科目が必須となっている。

  • Leadership and Change
  • Corporate Social Responsibility and Sustainability Management
  • Business Analytics
  • Delivering Innovation
  • Financial Analysis for Decision Making
  • Global Strategic Management

教授陣は22の国から来た60人以上のメンバーによって構成され、ビジネス界の事情を常にリサーチし、企業と強い連携を取ってマネジメントに必要な最新の動向に通じている。国際的な企業や公共団体とのネットワークを生かし、ビジネスのシミュレーションを行う「Consultancy Week」、スタートアップを志す学生のためのプログラム「Business Start-up Week」、1対1のコーチング、国外へのスタディツアーなど、学生がリアルなビジネスの世界に接するためのさまざまな企画が用意されている。

学内で企業のトップと顔を合わせる機会は多く、これまで、Bank of England、BAE Systems、Barclays、Lloyds Insurance、Cummins、Delphi and Kent County Councilなどのメンバーが講演に訪れている。近年は年に1回「Kent Business Summit」を開催、スタートアップの創始者や起業家が集まり、ケント州自治体の代表や研究者、学生らとともに、地域の経済成長について語り合う試みが行われている。国際的な雰囲気の中で、イギリスおよびヨーロッパの最新のビジネス動向に触れながらマネジメントを学びたい人にとって最適な環境だといえるだろう。

KBSの学生は、MBAを修了することによってマネジメント教育に関するイギリスの研究機関Chartered Management Institute(CMI)より、Strategic Management and LeadershipのLevel 7ディプロマを得ることができる。イギリスもしくはヨーロッパでの就職を考えている人には、有利に働くことがあるはずだ。

企業との結びつきが強いことから、学生の就職活動はスムーズ。90%の学生が、MBA修了後半年以内に就職先を決定しているというデータがある。学内で企業による説明会、面接も開催されているので、そういった機会を活用するといいだろう。

なお、大学院で学ぶだけの力をつけるための1年間のコースPre-Master’s Graduate Diploma(GDip大学院留学準備コース)もあり、英語力を向上させ、大学院の授業で必要となるアカデミック・スキルを身につけることができる。MBAに関心はあるが、英語によるプロジェクト学習やディスカッション、プレゼンテーションなどに不安のある人は、準備コースからの入学を検討してみるのもいいだろう。

世界遺産の街に建つ最新設備の校舎Sibson

メインキャンパスがあるカンタベリーは、世界遺産に指定された歴史ある街であると同時に、世界中の学生がやってきて学ぶ学問の街でもある。ケント大学は広大な緑に囲まれた敷地の中に建ち、大学寮や図書館、スポーツセンター、劇場、レストラン等を併設、キャンパスが一つの“街”として機能している。

図書館は100万冊以上の書籍や資料を誇り、専門知識を備えた司書が資料検索をアシストする。1人1人の学生に指南役となるアカデミックスタッフがつき、勉強や生活についてのアドバイスをしてくれるので、初めての海外生活となる学生にも不便はないはずだ。

KBSはこのカンタベリーのキャンパスに、2017年にモダンなSibsonという新校舎を完成させた。IT施設、研究用のワークスペース、3つのレクチャーシアターなどが備えられ、学生たちは最新鋭の設備の中で学ぶことができる。

キャンパスから街の中心部までは徒歩25分ほど。12世紀の建造物である大聖堂は、イングランド国教会の総本山であり、世界中の観光客が集まる聖地だ。ケント大学では、この大聖堂を大学の学位授与式の会場としている。芸術・文化の水準も高く、カンタベリー出身の16世紀の劇作家の名を取ったマーロウ劇場では、演劇、バレエ、オペラなど、世界のトップアーティストが公演を行う。ロンドンまでは電車で1~1.5時間の距離にあり、週末に気軽に足を延ばすことができるのも魅力の一つだと言える。

なお、ケント大学はカンタベリーのほか、同じイギリス・ケント州のメドウェイとトンブリッジにもキャンパスがあり、フランス、香港、マレーシア、イタリア、ドイツ、中国、スペインなど世界各国の大学やビジネススクールとのパートナーシップを有している。

MBSコースについてさらに詳しく知りたい人のために、カンタベリーキャンパスでは「KENT MBA Briefings」を月2回開催、スタッフに会って、MBAプログラムの詳細を質問したり、キャンパスを見学することが出来る。イギリスを訪問する機会があれば、こういったイベントに参加してみると、スクールの雰囲気が掴めるだろう。

READ MORE

PHOTO

VIDEO

Discover Sibson: The new home of Kent Business School
PlayPlay
Annual Kent Business School Alumni Event
PlayPlay
KBS Alumni Event Interview 1 - Community
PlayPlay
KBS Alumni Event Interview 2 - Networking Possibilities
PlayPlay
KBS Alumni Event Interview 4 - Business Start Up Journey
PlayPlay
previous arrow
next arrow
Discover Sibson: The new home of Kent Business School
Annual Kent Business School Alumni Event
KBS Alumni Event Interview 1 - Community
KBS Alumni Event Interview 2 - Networking Possibilities
KBS Alumni Event Interview 4 - Business Start Up Journey
previous arrow
next arrow

学生の声

KBSは迷いない選択肢!

KBSは「The European University」と自称しますが、私は「 The Global University」のほうががよりふさわしい呼称だと思います。在学中は仲間の学生たちが多様な文化や知識をもっているため、様々な体験ができました。文化的多様性を経験する事は学術的にも、学生サポート面でもシラバスにもより高いスタンダードをもたらしてくれます。また、KBSは履修コースを補完するための様々なイベントを催してくれます。おかげで自分にとって価値ある経験を楽しみながら得ることが出来ました。自分のキャリアを伸ばしたいと思っている人に、Kent MBAはお薦めできます。

PROFILE

Gary Walters

・卒業年:2020年11月
・取得した学位:経営学修士

SCHOOL DATA

大学名

ケント大学

国名

UK

所在地

Room LG02, Sibson
Canterbury, Kent, CT2 7FS, UK

ビジネススクール名

ケント・ビジネススクール

電話番号

1227827726

E-mail

kbsinfo@kent.ac.uk

URL

www.kent.ac.uk/kbs

設立

1989年

プログラム

・ ビジネス分析論
・ デジタルマーケティングと分析論
・ ファイナンス (ファイナンスとマネージメント)
・ ファイナンス (ファイナンス、投資とリスク)
・ ファイナンス (ファイナンス市場)
・ Finance (International Banking and Finance)
・ Healthcare Management
・ Human Resource Management
・ International Business and Management
・ Logistics and Supply Chain Management
・ Management
・ Marketing
・ Master of Business Administration

プログラム

The Kent MBA

URL

https://www.kent.ac.uk/kbs/kent-mba/index.html

授業料

全日制留学生:£21,940(2019年度)
パートタイム留学生:£10,970(2020年度)

学生数

31名(2019/2020 cohort)

必要在籍期間/開始月

全日制1年、パートタイム2年または3年/9月

入学資格

B

スクール紹介一覧へ

このスクールに問い合わせる