英字新聞のジャパンタイムズがお届けする
通訳・翻訳業界の総合ガイド

  1. トップ
  2. プロを輩出する 通訳・翻訳 スクール情報
  3. 一般財団法人 国際教育振興会 日米会話学院

一般財団法人 国際教育振興会
日米会話学院

通訳・翻訳のスキルだけでなく国際関係の背景知識も学べる

通訳

1945年創設。実践英語教育のパイオニアとして「教養ある英語力」の修得と「発信型」英語力の強化を図るとともに、異文化への理解を深め、教養と批判的思考力を兼ね備えた国際的に通用する人材の育成を目指している。

Interview

対面+オンラインのハイブリッド授業を実施中

岡村直人先生
「スマホで英語の記事を見るなど英語に多く触れる習慣を身につけるのも有効です」

日米会話学院の通訳トレーニングで用意されているコースは3つ。

「通訳メソッド活用コース」は、通訳になるための英語力アップに重点が置かれた準備コースに位置づけられ、通訳訓練のメインコースである「通訳コース」では、逐次通訳の実践的な訓練を中心とし、上級レベルクラスでは同時通訳の演習も行われる。「通訳選択科目」では、通訳案内士のための英語力強化クラスなど、目的に特化したクラスを展開している。

講師の岡村直人先生は、商品になる日本語と英語を身に付けてもらうことを目指しているという。「直訳し単語として分かるレベルで訳していては不十分。例えば経済の分野なら、その分野で用いられている最適な訳語にすることが求められます。授業では受講生に関連する日英双方の新聞記事をたくさん読んでもらい、自分で日英対応の『単語表現集』を作って通訳の訓練に臨む取り組みを行なっています」。さらに授業では、受講生の日英逐次通訳を講師がモニター上にタイプアウトし、それをクラス全体で見直している。「これによって、文法を意識しながら自然な英語に訳出する意識づけができるようになります」(岡村先生)

現在、同学院ではZoomをプラスしたハイブリッド授業を実施し、教室での授業とオンライン参加に対応。事務局によるオンラインサポート体制も整っているので、受講生は安心して受講できる。

日米会話学院では単発の通訳・翻訳・国際教養講座を随時開催中。

「日英字幕翻訳を長年手掛けるアメリカ人大学教授の講座や、元駐米大使の藤崎一郎氏によるバイデン政権下でのアメリカ政治と今後の米中関係についての特別講座など多彩な内容となっています。ぜひ当学院HPをご覧下さい」(岡村先生)

School Data

所在地

〒160-0004 東京都新宿区四谷1-6-2 グローバルスタディスクエア3F

問い合わせ先

通訳トレーニング
電話:03-3359-9621
FAX:03-3353-8908 
E-mail:cis@nichibei.ac.jp

コース

通訳コース
選択科目その他
通訳メソッドで上級英語を学ぶコースあり

通信・オンラインの有無

条件によりあり

Recruiting Summary

入学時期

4月、10月
※学期途中からの受講も可

受講資格

レベル分けテスト(要予約)の受験

受講説明会

授業見学は随時受付中(要予約)

入学金

15,000円

受講料(目安)

243,800円(継続割引あり)

この学校に問い合わせる

スクール情報一覧