英字新聞のジャパンタイムズがお届けする
通訳・翻訳業界の総合ガイド

  1. トップ
  2. 通訳・翻訳スクール受講生・修了生の声
  3. サン・フレア アカデミー

サン・フレア アカデミー
受講生・修了生の声

専門外からのスタートでも、
学び方・調べ方を身につけ、産業翻訳のプロになれる道がある

リトルフィールドたまきさん
リトルフィールドたまきさん
・初級講座 はじめての翻訳技法
・中級講座 環境
・上級講座 環境
「翻訳実務検定は、最初の関門としてわかりやすい目標になりました」

具体的で丁寧なアドバイスで、翻訳のおもしろさを実感

今、アメリカに住んでいるのですが、どこに住んでいても生涯できる仕事として、翻訳には興味がありました。それで時間ができたタイミングで勉強しようと思い立ち、通信制で学べるところを探したのです。中でもサン・フレアは翻訳実務検定というわかりやすい目標があって、合格すると翻訳者への道が開くと思ったので受講を決めました。

最初はまず、初級講座の「はじめての翻訳技法」に申し込みました。学びはじめて思ったのは、頭でわかっていても言葉で表現することの難しさです。普段英語で会話している分、日本語に置き換える力の弱さも感じましたし、「英語的」に逆から表現してしまう点にも気づかされました。でも丁寧な指導で学ぶのが楽しく、その後「環境」コースを選択し、中級・上級と進んできています。大きな社会課題である環境問題に、翻訳を通じて自分なりに貢献できないかと考えたのです。

同じ教材でも取り組むたびに新しい発見がある

課題に取り掛かるときはまず、そのテーマの背景知識を知るところからはじめます。環境といっても、温暖化や絶滅危惧種、エネルギー問題など様々。インターネットなどで調べながら「なるほど、この単語はこう訳すのか」と理解を深めます。常に新しい情報に接していないと仕事にもならないでしょうから、情報感度は課題にかかわらず高めていきたいですね。先生から調べ方のアドバイスを頂けるのも、参考になります。

実は先日、翻訳実務検定に受かり、翻訳者登録もしました。今はまだ環境一本に絞るのではなく、機会があれば幅広く仕事でも受けたいと思っています。とはいえもっと勉強して、いずれは環境領域でプロになっていけたらと思っています。より専門を特化し、その領域で発信できるくらいのプロになっていきたい。翻訳者一本でいくために仕事も区切りをつけましたので、ここから一歩ずつがんばっていきます。

School Data

所在地

〒160-0004 東京都新宿区四谷4-7 新宿ヒロセビル2階

問い合わせ先

電話:03-6675-3965(10:00 ~ 18:00/ 日・祝 休校)

コース

通学科、通信科

通信・オンラインの有無

あり

開講時間

平日:10:00 ~ 21:20
土曜:10:00 ~ 18:30
スクール情報詳細