英字新聞のジャパンタイムズがお届けする
通訳・翻訳業界の総合ガイド

  1. トップ
  2. プロを輩出する 通訳・翻訳 スクール情報
  3. インタースクール

インタースクール

第一線で活躍するプロの指導で、現場で使える実践力を磨く

通訳 翻訳

語学のプロ養成機関として1966年に設立され、「シャドーイング」など独自開発の訓練方法を早くから取り入れてきた。インターグループの通訳・翻訳部門とスクールが連携しており、在学中・修了後のキャリアサポートも充実している。

Interview

記者会見から国際会議まで、実務場面そのものが教材に

松浦俊先生
「言葉の表面ではなく、すべての意図・メッセージを伝えられる人に育てます」

「当校で目指すのは、言葉の意図やメッセージを100%理解して、正確かつ豊かなメッセージで表現できる人材の輩出です。たとえば、「make a difference」は「違いを生む」と訳せますが、時には「大いに役立つ」と訳す方がスピーカーの意図に近い場合もあります。記者会見や国際会議などの実素材を教材にし、本当に現場で使える力を養成しています」と、会議通訳コースを教える松浦俊先生は話す。現在はオンライン授業だが、ノウハウが蓄積・共有され、アウトプットの多い双方向型での進行がなされている。

プロデビューを間近に控えた上級レベルのクラスになると、訳出の細部までこだわって指導する。「スピーカーの意図通りに表現できていないのは、聞き取りの問題なのか、語彙力や構文力が足りないからなのか。こうした観点で、どこに向上の余地があるかを、なるべく細かくフィードバックします。課題がわかれば、自分で学習を深められますからね。仮に聞き取る力が弱いなら、自宅で様々な動画を見ながら、リプロダクションを重ねるといいでしょう。短時間でもいいので毎日積み重ねていくことが大切です」

第一線で活躍するプロが直接指導する分、学びの質も高い。松浦先生も、自身が担当した首相会見等を教材にし、解説することがあるという。学んだことを現場で活かすサイクルがあるのも、同校の大きな特徴だ。ラグビーW杯の際にはインターグループが通訳を一手に担い、受講生も現場で活躍する機会があったという。

「本当の意味で使える英語を学びたい方には、最適な環境だと思います。通訳部門とスクールとの連携が密なので、プロになるステップも確立されています。プロデビューしたいと覚悟をもって学ぶ方には、本当にチャンスが広がりますよ」

通信・オンライン講座

オンライン双方向型授業

双方向での対面型オンライン授業を実施。自宅にいながら通学型の授業さながらの緊張感の中で、プロ通訳者・翻訳者による現場体験を踏まえた指導を受けることができる。

会議通訳コース
ビジネス通訳コース
通訳基礎コース
いちから始める通訳訓練
国際問題の英語
産業翻訳コース
分野別特化ワークショップ:日英技術翻訳
医療通訳コース《英語/中国語》
医療通訳スキル特化講座
医療通訳Workshop《英語》
医療英語/中国語コース
韓国語通訳者育成コース
フランス語通訳技能養成コース

受講期間
2~11ヵ月
受講料
74,800~324,500円
入学金
33,000円
翻訳通信講座【インターeスクール】

仕事に直結!いつからでも受講可能なeラーニング。入学金不要。提出課題は添削・評価し、スキルアップのためのアドバイスを付けて返却される。

英文契約書/英日IR翻訳/日英IR翻訳

受講期間
6カ月
受講料
49,940~66,000円

お問い合わせ先

インタースクール東京校

  • 〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館4階
  • TEL:03-5549-6910

インタースクール オンライン事務局

School Data

所在地

東京校 〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館4階

問い合わせ先

東京校 電話:03-5549-6910
オンライン事務局 電話:06-6372-7551
E-mail:school-online@intergroup.co.jp

コース

通訳者養成コース(英語・中国語・韓国語・フランス語)
翻訳者養成コース(英語)・ビジネス英語コースなど

開講時間

詳細はWebサイトを参照

通信・オンラインの有無

あり

Recruiting Summary

入学時期

毎年4月、10月
※その他短期プログラムやワークショップなど

受講資格

希望コースに準じたレベルチェックテストの受験

受講説明会

開講時期に合わせて各種イベント・説明会・体験レッスンを実施

入学金

33,000円

受講料(目安)

通訳者養成コース 109,120円~
翻訳者養成コース 140,250円~

その他

東京校のほか、大阪校(06-6372-7551)、名古屋校(052-581-5599)、福岡校(092-712-9549)への問合せも可能。

この学校に問い合わせる

スクール情報一覧